「サンタクロースからの手紙」






「サンタクロースからの手紙」とは?

  サンタクロースは、ご存知のように人々の想像の中にすむ人物です。
 しかし、「サンタクロースって本当にいるの?」子供たちにこう聞かれたときに、
 「いない」と断言できるでしょうか。

 1897年、ひとつの答えが出されました。
 ひとりの少女が出した投書に対し、ニューヨーク・サン新聞社の
 フランシス・P・チャーチ記者が答えた有名な社説です。
 「この世に愛や人への思いやりやまごころがあるのと同じように、サンタクロースも確かにいるのです。  ・・・・・この世の中で最も確かなもの、それは子供の目にも大人の目にも見えないのです。 信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが美しく輝かしいものをみせてくれるのです。 ・・・・・サンタクロースは永遠に生きています。そして、いつまでも変わらずに子供たちの心を喜ばせてくれるでしょう。」
 この社説は、人々の見失いがちな人間性の大切さを思い起こさせ、
 大きな反響を呼びました。
 また、1927年、北ヨーロッパのラジオ放送が「サンタクロースの住んでいるところは、北極圏ラップランド地方です。」と 発表して以来、世界各地から絶えることなくスカンジナビア各地に手紙が送られてくるようになりました。
 以後スカンジナビア各国から世界中の子供たちへ「サンタクロースからの手紙」が送られています。

  そして、1984年、スウェーデン国モーラ市郊外に、
  サンタクロースの定住の地としてサンタワールドが完成し、
  ここに行けばクリスマスイブを除いて、いつでもサンタクロースに会うことができるようになりました。




お手紙の特徴

  1.日本語の文面を選択した場合、手紙に受取人のお名前が入ります。

  2.お手紙の内容は0歳から大人の方まで年令別(1歳ごと)に
     細かく分かれているので、受取人の年令に合ったお手紙が届きます。
    また、大人の方でもご利用頂ける内容です。

  3.6歳までは全てひらがな、7〜12歳は少し漢字がまざり、
    13歳からは大人の書体です。

  4.同一人や兄弟、双子などに同時に送る場合でも同じ内容のお手紙に
    ならないよう配慮されています。
    また、毎年お申込されても同じ内容のお手紙は届きません。

  5.サンタクロースからのお返事以外に、追伸として60文字のメッセージを
    入れることが出来ます。(専用申込書の場合は30文字までです。)

  6.お手紙を申し込んだ方のお名前を明記することも伏せることもできます。

  7.『日本語』のお手紙か『英語』のお手紙かを選択できます。


   






お手紙が届くまでの流れ

メインメニューヘ戻る